カップヌードルに入っているエビの名前は、プーバラン

こんばんは。早くも5月病のさぼてんです。


京王多摩センター。
いよいよ私の守備範囲は京王線の果てに及ぶようになりましたね。

さて本題
本日は、麺でるへ行きました!
なにやらグレーテルな麺がでてきそうですね。

【最寄り】
多摩センター駅 ~8分

【価格帯】
700円~

【注文内容】
特製つけめん800円
特製混ぜそば800円
味付玉子100円
大ラーメン800円
小ラーメン700円

【麺】
太麺

【味】
魚介豚骨背脂

【ボリューム】
やや多い

image

グレーーーテルッ!!!

いやー、
二郎インスパイアでした(笑)

カウンターには「何」をましましできるのかリストがありましたからねー
まぁまぁはじめは何もまさずに。

つけ汁の下にお盆がありますよね?
ラーメン系を注文すると、お盆が必要な意味を理解できます。

つけ麺の麺自体はストレートな太麺250gで、もやしとキャベツによりモリモリに見える次第です。

つけ汁は、サラサラ濃い味魚介豚骨です。背脂が効いてます。
麺屋武蔵系に近い味で、甘めの酸味控えめの魚介です。
もやしとキャベツは湯がいただけですが、濃い味のつけ汁ゆえに、むしろ箸休め的な役割を感じます。

そして、チャーシュー
いつになくデカ文字です。
この存在感たるや!でございますよ。

僕は過去に二郎にて、宇宙戦艦のようなチャーシューに顎をもみくちゃにされた経験があり、ひより気味でした。

ですが、
かなりやわらかーーーい!!!
「ファーストフードは、人の顎を弱くする」が適応されるレベルの柔らかさ
ジューシータイプの柔らかさではなく、筋が解れるような柔らかさです!

お隣の人の注文が、チャーシュー✕4くらい搭載されたラーメンだったのですが、意外と難なく食べられる気がするくらいですよ。

次。(また別の日)
image

特製まぜそば!!!!
温泉卵って、すごく混ぜたい!!

はい。こちらは【玉ねぎ、魚粉、辛い天カス】を増しております。
更には、煮卵…。
またやっちまいました。卵2つ…。
しかし、これでもさらーっと食べられるほど!
煮卵は味が控えめでした。マイルドな仕上がり。

まぜそばも魚介豚骨ベースですが、つけ麺よりも醤油の香りを感じました!

玉ねぎのさっぱりしたもの、辛い天カスがアクセントとなり、私のトッピングだけに、非常に私好み!
おすすめでございます。

さらにさらに。
image

大ラーメン
麺500g(加水850g)の
【背脂まし】


image

小ラーメン
麺250gの
【野菜、玉ねぎ、背脂、にんにく、天カス、辛い天カスまし、魚粉(全まし)】
大ラーメンを引きでとっていること。小ラーメンを野菜マシにしていることから、どちらが多いのかわからにくいことになっております。
野菜ましにて一気に見た目のボリュームが出ますが、麺の多さ。お盆への汁のこぼれ具合が物語ります。

こちらは豚ベースのスープで魚介豚骨を慣らしたスープでした!
量がすごい!!!


もし味に飽きてきたら…
image

でぇん
はい。テーブル調味料達と、中でも…
りょうくんの…ジョロキア?

かっ…らい。
ふむ。
まぁアホみたいに振りかけなければ激辛!!!!!とはなりません。
まぁ一味唐辛子よりかは圧倒的に辛いですが、食べられないor痛みを伴うタイプではないようです(笑)
むしろ少し辛いほうが僕個人的には好きな味になりました。

というわけで、なかなかの満腹度と満足感をもって完食!

一つだけ苦言を呈しますと。
外から見えるメニューには、680円で並~ましましまで同額のラーメンと700円ほどのつけ麺とのことでしたが、店内に入って券売機を見ると、
どれがどのメニューからわからない…。とにかく680円のラーメンも700円のつけ麺もないことは確かということです。
増税前か、改定前のメニューをそのまま貼りっぱなしにしているようで、店の前を通りかかった時に、え!?安い!という感想を抱いた分、残念に感じましたねー。


質は十分なものでしたけれどね!

カップヌードルの具材すべてが好きなさぼてんでした。
卵…コロチャー!


いや、もしかして、シンプルに遺伝のほうのメンデル…?
―情報―――――――――――
【店名】麺でる 多摩センター店
【住所】 東京都多摩市豊ヶ丘1-21-6
【交通】多摩センター駅~8分
【営業時間】
[月・火・木~日]
11:00~15:00、18:00~23:00
【定休日】水曜日


↓美味しい麺を、探すなら

人気ブログランキング つけ麺へ

こちらもあわせてどうぞ!↓
にほんブログ村 グルメブログ つけ麺へ
にほんブログ村